オーガニックコスメに抱きやすい誤解

実際にオーガニックコスメを購入している方に、よくある誤解を2つ教えてもらいました。あなたもこのような誤解を持っていたら、その誤解を解いて下さい。
misunderstanding

オーガニックコスメは肌にやさしいと思われていることと、実は明確な基準がないことです。植物のエキスが使われているので、アレルギーがある人は大きく反応する恐れがあり、肌にやさしいとは言いにくいです。海外のメーカーのものが多く、日本はまだ発展途上なので、概念が広く知られていないのが原因だと思います。

オーガニック神話が行き過ぎて宗教っぽくなる人が少数ですがいる点です。オーガニック以外の化粧品は絶対悪いと断言して、その他の化粧品を否定するので中には宗教のようで好きになれないと感じる人がいます。またお値段が高いと思われがちで敬遠されることも多いようです。実際にはお手頃価格の物もあります。

効果が弱いという点と、値段が高いという点です。植物の力は強いですが、ケミカルのものに比べると”即効性”が弱く感じるからだと思います。値段に関しては、確かに普通より高価かもしれませんが、良い原料を良い状態で配合するまで、育てるまでの手間が一般的にあまり認識されていないのかなと思います。

商品の値段の高さやオーガニックコスメのにおいが苦手という人がいる点です。量販店やドラックストアで購入できるコスメとは違い、高額なコスメを購入した時に家族やともだちなどから理解や共感されないことがたたあります。あとはコスメのオーガニックな香りに慣れてなくて、ババ臭いとか言われてしまうこともあります。

オーガニックだと勘違いしてしまう無添加化粧品や天然由来化粧品が多いこと、オーガニックコスメは肌に刺激が一切ないと考えがちだが肌に合わない場合もあること。オーガニックコスメの定義があいまいに捉えられていることと、食べ物も含めて「オーガニック=体に良い」というイメージが定着しているからだと思います。

「無添加」の記載があってもオーガニック化粧品とは限りません。化学的成分が控えめであって、全く含まれていないわけではありません。次に、オーガニックを使用していても肌荒れする事があります。アレルギー等、体質が人それぞれ違うからで合わない場合はオーガニックコスメでも肌荒れを起こす

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする